「にいまーる」とは

「にいまーる」という名前は、沖縄方言の「ゆいまーる」(お互いに助け合う意)と、活動拠点の「新潟」の頭文字「にい」を組み合わせて作られました。

 

あなたの耳が「聴こえる」は、はたして隣の人の「聴こえる」と全く同じでしょうか?

あなたの耳の「聴こえない」は、はたして隣の人の「聴こえない」と全く同じでしょうか?

 

聴こえる人と聴こえない人、聴こえにくい人、聴きたい人、聴きたくない人、どんな人も集まる場、交流できる場、お互いの理解を深める場、そんな場所を新潟で作りたい、新潟から沖縄・全国に届けたい、発信したい。

 

そんな想いがあります。

特定非営利活動法人 にいまーるの最新情報

2017年

7月

10日

今月も日本語講座を開講します。

今月も日本語講座を開講します。

 

  

第1回と第2回は終了しましたが、途中からでも受講できます。聴覚障害者だけでなく、教育に携わっている方、障害者を支援している方、どなたでも受講できます。

詳細はチラシに掲載しています。こちらからもお申し込みいただけます。

 

続きを読む 0 コメント

2017年

5月

22日

新津美術館に行ってきました(新潟市秋葉区)

新津美術館に行ってきました。

現在、新津美術館では「藤城清治 光のメルヘン展」が開催されています。

1歩足を踏み入れると、そこにはキラキラして幻想的な影絵の世界が広がっていました。

 

「このような素敵な影絵はどうやって作るのだろう?」利用者さんとお話しながら、神秘的な作品を見て回りました。

 

1点1点作品をじっくり味わいながら、時間をかけて進んでいく利用者さん、限られた時間の中で、全部の作品を見る!と言わんばかりに進んでいく利用者さん。こんな所にも利用者さんの個性が表れているなあ、としみじみ感じました。

新津美術館に併設されている、弥生の丘展示館や植物園にも興味津々だった利用者さんたち。次はどこに出掛けるのか楽しみですね。

2017年

5月

06日

天寿園に行ってきました(新潟市中央区)

5月2日、とても爽やかな晴天に恵まれ最高のお出かけ日和でした。『天寿園』は、広い敷地内に日本庭園と中国庭園があります。


まず門をくぐると、そこには美しい日本庭園が…。新緑の緑が眩しく、ちょうど咲き始めたツツジのピンク色とのコントラストがとてもきれいでした。
写真が趣味だという利用者さんはカメラを手に撮影に夢中でした。花の名前を学生スタッフに熱心に教えたり、甲羅干しをしている亀をじっと眺めたり、皆さんそれぞれ思いのままに楽しんでいるようでした。池の鯉を集めようと私が手を叩いていると、隣りで「鯉は音が聞こえるのかな?」とつぶやく利用者さん。「そうだね、聞こえているかも…?」そんな会話をしながら奥へ奥へと進むと、そこは異国の雰囲気!中国庭園が広がっていました。極彩色の建物に「わぁ~」と歓声をあげる人もいました。


散策を楽しみ、昼食は天寿園カフェ「Kimama」(手楽来家と同じく就労継続支援B型)で美味しくいただきました。汗ばむくらいの陽気の中、利用者さんの笑顔も輝き、心も体もリフレッシュできた一日でした。