就労継続支援B型「手楽来家」のメンバー登録の流れ

【1】手楽来家で訓練及び通所したい方々

「一般就労を目指したい方」

「社会で生き生きと働いていきたい方」

「一般社会でのコミュニケーションの練習をしたい方」

「職業訓練をしたい方」

「手話で楽しく話したい方」

「ろう者の皆さんと一緒に通いたい」

詳しくは就労継続支援B型「手楽来家」にお問い合わせて下さい。

見学の日を決めます。

FAXもしくはTELで確認したい方は

FAX/TEL 025-288-5222

メールでの問い合わせ希望の方は下記ののボタンを押すと問い合わせ先へいきます。

【2】手楽来家の見学

施設の設備や環境、障害福祉サービスについてご説明し、手楽来家の施設内をご案内します。また、メンバーの作業風景や憩いの場をご覧いただきます。実際の雰囲気を見てもらうことが一番です。ご見学の際に、資料等でさらに詳細のご説明をいたします。

※見学の場合は施設の都合で日程調整させて頂く事がございます。ご了承下さい。

【3】面談の日

作業内容のご紹介やご利用の仕方についてご案内します。見学も同時に出来ますので、就労継続支援B型のサービスを体験希望される場合は利用方法についてご説明致します。

【4】手楽来家の体験

 手楽来家で実際に作業及び談話を体験していただきます。障害福祉サービスの体験になります。

体験日時は見学・面談時にご希望を伺います。就労継続支援B型のサービス利用にあたっては、お住まいの市区町村より発行される「障害福祉サービス受給者証」が必要になります。「障害福祉サービス受給者証」の交付まで2~3週間かかります。これにつきましては体験しながら丁寧に説明致します。

【5】障害福祉サービス受給者証の申請

「障害福祉サービス受給者証」を交付していただくため、お住まいの市区町村障害福祉課へ申請をします。当事業所より申請の際に同行する事は可能ですが、代行する事は出来ません。申請は障害者手帳と書類提出で出来ます。申請の仕方、同行の有無、助言等はお気軽にご相談下さい。

【6】認定調査

認定調査は市町村職員の方、専門相談員等がご自宅もしくは手楽来家に訪問し、認定にあたってのヒアリング調査(アセスメント)が行われます。ヒアリングは希望者の生活状況等について聞かれますが、手楽来家では手話通訳、筆談等で対応しています。

【7】契約・利用開始(手楽来家のメンバー登録)

 障害福祉サービス受給者証が交付された後、手楽来家と契約をし、正式メンバーとしてご利用開始します。第2種社会福祉事業の一つである就労継続支援B型「手楽来家」のサービスを受ける事が出来るようになります。