キャリア・資格について

にいまーるが社会に最大限の価値を発揮するためには、福祉の業務に携わる職員一人ひとりが教育や人材育成などの専門的スキルをそなえ、質の高いサービスを提供することが不可欠です。利用者様に対するサービスの質の向上を目指し、より良いサービスを提供できることが、我々の責務であり、利用者達の幸せにつながると考えています。

資格取得への支援

 介護福祉士、社会福祉士、手話通訳士など、各種資格取得に関する研修参加への支援をしています。にいまーるで働きながら、自分の目標に向け努力し、資格取得を目指す職員がいます。

 

  • 介護福祉士
  • 訪問介護員(1級から2級)
  • 社会福祉士
  • 社会福祉主事
  • 介護支援専門員
  • 手話通訳士
  • 手話検定1級~3級
  • サービス管理責任者
  • 相談支援専門員

にいまーるの研修機会について

にいまーるでは、ろう者特有の暮らしのサポートに精通しているスタッフが主体になり、定期的にセミナーを開いています。支援技術を身に付けるための講義や実技指導、手話の話し方、メンタルケア、レクリエーションなど内容は様々です。

にいまーるに所属するスタッフが、職員のニーズに応じた研修を考えて情報を提供しています。

研修の内容は、施設外研修【社会福祉施設新任職員研修、事例研修会】と外部研修【新潟県社会福祉研修センター、全国聴覚言語障害者福祉研究交流集会、リスクマネジメント研修、サービス管理責任者研修、学習会等各種】に分けられます。資格取得を目指しスキルアップを図る職員のために、施設としても協力体制を整えサポートしています。その結果として職員の資格取得者も増えています。