聴こえない人の生活

手楽来家では、70代〜20代の様々な世代のろう者、難聴者が集まっています。

 

それぞれ、得意なところを活かして作業を進めたり、交流を深めたりしています。

 

特に、毎日行っているコーヒータイムでは、「遊び」「趣味」「スポーツ」「テレビ」「生活」など多様な話題が出ていますが、時々、世代が違うことを感じさせられます。

 

20代の利用者さんは「人生の勉強になることもあって楽しい」とのことでした。

同じ聴こえない立場でも、年齢だけでなく、育った環境によって、いろいろな話題が出てきています。

中には、戦争時代の話もあり、普段の生活ではなかなか聞けない話題があります。

 

今日もどんな話題が出てくるか、楽しみです。

聴こえない利用者さんたちからは、地域の皆さんからもいろいろな話を聞いてみたいとのことなので、

これから少しずつ、地域の交流を深めていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。