障害者の日ってご存知ですか?

 8年前までは障害者の日というのがあり、内閣府によって1980129日に制定されました。国際障害者年を記念し、障害者問題について、広く人々の理解と認識を深め、障害者の福祉の増進を図るために障害者の日となりました。その後、 2004年辺りに障害者週間という風になりました。123日から9日までは障害者週間です。障害者の日から障害者週間という風に変化しました。

 

外国では「国際ろう者週間」という制定もあるようです。日本ではそうした考え方は一般的ではないのかもしれません。

 

 国際ろう者週間の目的は、ろう者の業績やろうコミュニティに関することに、政治家、関係当局、その国の一般の人たちが関心を持つようにろう者週間を通して、ろう者団体が自分たちの事業について情報を提供し、自分たちの要求や要望を表明したりする機会の一つなのです。国際ろう者の日は最初ありましたが、そのまま週間に変わりました。国際の流れで障害者の日から障害者の週間と変化したようですね。

 

 外国のろう者週間はそれなりに意識した週間ですが、日本ではまたそうした雰囲気はありませんね。いつか、日本でろう者週間というのが定着出来たらいいですね。聴覚障害者に優しい社会になるにはどうしたらいいのでしょう?優しい街づくりや施設等を考えていくにはいい機会なのかもしれません。