素晴らしかった映画。

先日、映画を観に行きました。

 

タイトルは『最強のふたり』です。

とってもオススメです。笑いながら感動しました!

 

簡単に内容を説明すると、仕事を探していた黒人の主人公は、障がいのため車いすに乗っている富豪の介護役をやることになりました。介護をしながら、お互いの考え方をぶつけていくストーリーで、実話が元になっています。

 

障がいに対して純粋に意見やジョークをぶつけていく、まっすぐな主人公の考え方はとても素晴らしかった。最初は彼に対して眉をひそめていた周囲の人々もいつのまにか認めていっています。

確かに彼の口調や態度は粗暴に見えていたが、実は根はまっすぐで優しい。とにかく気持ちよく観終えた映画でした。

 

あらためて福祉のありかたを考えさせられました。手楽来家でも、障がいとかそういった垣根を越えて日々笑いながら楽しくやっていけるよう支援していきたいと思います。