どのくらいで手話ができるの?

語学を学ぶ人にとって「どのくらい学習をすればある程度話せるようになるのか?」と思うときがあります。

私自身も、英語を勉強しているのですが「1年経てばある程度、英文が読めるようになるのかな」と期待するときがあります。

 

でも、スポーツと同じように、同じ1年でも、日々の積み重ねがあるのと無いのとではかなり差が出てきます。

 

365日中、10分だけでもその言語に触れた1年、

365日中の何日かだけでその言語に触れた1年。

そして、その言語について向き合ってきた自分の時間。

 

一概に「○年学習すればできるようになります」とは言えないです。

 

それでも、人間、ある程度の目安が分かると頑張れる。

例えば、手話検定試験のように、○級取得によって今のレベルが把握できると更に次を目指しやすい。

 

また、検定試験のように具体的でなくても、

「あの人みたいに流暢に話せるようになりたい」

「その人が何を話しているか、十分読み取れるようになりたい」

「自分が伝えたいことを手話で表現できるようになりたい」という、目標も大切であり、手話を学んでいく上でのモチベーションになってきます。

 

私が手話を教えて数年経ちますが、これから一人でも多くの方々に、

「手話を学んでいること」に自信を持っていただき、いつの日か、

聴こえない人と出会った時に、手話が必要になった時に、

「私、少しですが、手話できますので」と言えるよう、共に走っていきたいと思います。