クレジットカードは、打出の小づち?

 クレジットカードは便利ですね。
現金がなくとも買い物がばんばん出来るし、場合によってはキャッシング(お金を借りる)もできる。まるで打出の小づちよう。
 

 でもクレジットカードは本来、借金。

キャッシングはもちろんのこと、ショッピングも後払いにしただけ、決裁までの間の信用(クレジット)供与がその本質です。どちらも、いつかは、返さなければならない(預金口座から決済)、ほとんどの場合、利息を付けて。定額返済のリボにしても、1回一回の返済は少額で楽でも、借金だから必ず返さなければならないし、返済が詰まれば「借金を返せ!」と請求される。
 
 現金生活なら、手元に現金がなければ買うのを我慢するでしょう。しかし、クレジットは支払いを先送りできるから、ついつい買いすぎる。また決裁が心配でも、キャッシングで簡単にお金が借りられる。
 でもね、利息が付くんですよね。利息は、かつてのサラ金ほどでないにしても、この世の中ではずいぶんと高い方。
 
 クレジットカードの使いすぎには、くれぐれも気をつけましょう。キャッシングはもちろんのこと、ショッピングも。カードは、現金の入ったサイフと同じ、しっかり自分で管理をしましょう。もらったレシートはちゃんと保管し、送られてくる明細と、キチンと照合しましょう。
  

 そして、ときどき預金の残高のチェックも忘れずに。