聴こえない人と聴こえる人の挨拶

新潟市内は厳しい寒波に見舞われ、

中央区も雪が積もりました。

雪かきからはじまる一日がまさに新潟の冬です。

 

さて、先日手楽来家の利用者の方と同行して

資源回収でお世話になっているお店へ伺いました。

新年ということもあり、私はドア(ガラス戸)のこちらから中の

従業員の方の様子をうかがって、

ドアをノックし、まず新年のご挨拶を…と思ったのですが、

なんと一緒にいた聴こえない方は、

ドアをノックせず、サッとドアを開け、

こちらに気づいた従業員の方に、右手を掲げ(「ヨッ」というようなかんじ?)、

挨拶を済ませたのです。

 

聴こえない方の中には、

親しい間柄(何度も顔を合わせている)に対して、

このような挨拶をされることがしばしばあります。

聴者の私たちにとっては、手を挙げる挨拶は知り合いの中でも

さらに親しい友人、そして年配の人に対しては封印するのが常です。

なぜこのように違うのか考えてみると面白いかもしれません。

違いを発見として捉えたいものです。