サイン

このお仕事を始めてから、友人や家族に

「どんな仕事をしているの?」と聞かれます。

耳の聞こえない人たちの生活支援、就労支援、手話を広める活動・・・

といったことを簡単にまとめて答えています。

 

先日、書道教室の先生(御歳八十歳)にも聞かれて答えたところ、先生は

「俺も耳が遠くなってきた。そうゆう年寄りも相手にしてくれるのか。」

と笑いながら話していました。

 

高齢化社会、きっとこれからお年寄り向けの手話やサインが必要になりますね。

「シニアサイン」というのがあるようですが認知度はまだまだのようです。

「ベビーサイン」のように早く広まるといいなぁ。

 

新しい非言語が生まれるかもしれません。