「静か」と「うるさい」

私は耳が聞こえます。

聴こえる人間にとって、「静か」と「うるさい」とはどのようなことをいうのでしょうか。

当たり前ながら、音がなく静けさがひろがる空間を「静かだ」と感じます。

または誰もしゃべっていない時も静かと感じるでしょうか。

一方、「うるさい」と感じるのは、やかましい音が鳴り響いていたり、

複数の人が大声で話をしていたりするときに感じますよね。

 

手楽来家に初めて来た耳の聞こえる方は、

この空間を「静か」と感じることが多いようです。

それは、手話での会話によって、声を聞く場面が

手楽来家を一歩出た外の世界に比べて、少ないからだと私は思っています。

 

では、耳の聞こえない人にとって、

「静か」や「うるさい」ということはあるのでしょうか。

手楽来家に来る耳の聴こえない方は、

皆さんこの空間をいつも「静か」と感じているのでしょうか。

 

実際は違うようです。

耳の聞こえない方にとっての「うるさい」とは

音の有る無しではなく、

「振動」だったり「目に見えるやかましさ」だったりするようです。

(もちろん私の想像も含まれています…)

テーブルを強く何度も叩いて振動を感じたり、

多くの人が狭い空間をせわしなく行き来したりしている光景は

「うるさい」と映るのかなと思います。