寺子屋?

手楽来家を開設してから

まもなく1年が経とうとしています。

 

「手楽来家」の名前も

少しずつ浸透して、嬉しく思います。

 

「手楽来家」は「寺子屋」に音が通じますが、

寺子屋というのは江戸時代の民間の地域の学校

のような位置づけでしょうか。

手楽来家でも地域に密着し、学びを提供できるような場で

ありたいと思います。

 

また、よく間違われるのですが、

手楽来「屋」ではなく、手楽来「家」です。

「手」は、手話だけに限らず、手を駆使した様々なコミュニケーション

「楽」は、楽しさを表します、

「来」は、手楽来家に多くの人が訪れること、通ってくること、

「家」は、アットホームな家のように有りたい

と覚えて下さい!