にいまーるの由来

「にいまーる」。
名前の由来を聞かれることが多いのですが、
もともとは沖縄方言の「ゆいまーる」と「新潟」を結びつけた言葉です。
「ゆいまーる」とは、助け合いの意味で、相互精神から生まれたものです。
人と人が結ばれ、結束し、助け合いながら「住みやすいコミュニティ」を目指す、という理念で活動しています。
「知らないこと」を通して、「知る」ことを増やし、聴こえない人の文化と聴こえる人の文化、
そしてその狭間にあるもう一つの文化を体感しながら、お互いが成長していけるようなコミュニティ作りを目指しています。
人は何が正しくて、何が正しくないのか、自分の物差しではかるときがあります。
自分とは価値観が違う人と関わるときに、拒絶反応を起こすのは誰でもあることだと思います。
そこで、「おもしろそう」と「合わないなぁ」の二つに分かれると思います。
でも、この瞬間こそが、自分の物差しをあらためて見つめ直すことでもあるように思うのは私だけでしょうか。
にいまーるは、多様な価値観を知り、一人でも多くの人が「住みやすさ」を感じられるよう、
手話教室や地域活動支援を通して実現していきたいと思っています。
今後もどうぞよろしくお願いいたします。