七夕

七夕、7月7日(日)の午前中に手話技能検定を受験しました。

受験生は8人くらい。大学生と思われる若い女の子、年配の女性、年齢層は広く見えました。


その日会った友人に受験してきたことを話すと、友人も建築士の勉強をしていてその日は模擬試験だったとのこと、朝9時から午後3時まで、試験があったと聞いて驚きました。

反対に、手話技能検定はどんなことをするの?と聞かれて「映像を見て読み取り、最後の2問は文章に変換する」と答えると

「文章ってそのまま訳すだけなんじゃないの?」と聞かれました。

手話にも文法があって、【日本手話】と【日本語対応手話】というのがあると説明をすると、

「へぇ~知らない世界。おもしろいね。」とその後もいろいろ聞かれました。

 

こんな風に知らないことを知ることはなにかのきっかけになったりするのかな、と思いました。

お互いの合格を七夕に祈りつつ、新潟の七夕は今年も曇り空でした。