聴こえる人、聴こえない人の朝の起き方

皆さんは朝どうやっておきますか?


自然に目が覚めるという方もいらっしゃるでしょうが、大半の方は目覚まし時計を使うのではないでしょうか。私も、携帯電話のアラーム機能を活用しています。これらはいずれも音を用いて起きる方法です。
そう考えると、詳しくは分からないのですが、耳の聞こえる私たちは、眠っていても音を知覚することができるようです。でも、目覚まし時計の音に気づかなかったり、寝ているうちに携帯電話をどこかに放してしまったりして、寝坊してしまうこともあるので、耳は不思議です。


耳の聞こえない人にとって、朝起きる方法はどんなものがあるのでしょうか。ある方はタイマー式のバイブアラームを使っているそうです。使い方は、寝る前に朝起きる時間をセットして、枕の下に潜り込ませておくのだそうです。そして、朝になると振動する仕組みで、それによって起きるということでした。なるほど。音ではなく、振動を体で知覚することで起きるのですね。ただ、寝ている間に枕がずれるなどして、朝振動を得られないこともあるとか。

これは既に話したように私も同じです。寝坊を防ぐための手だても色々ですね。他にはどんな起きる方法があるか考えてみたいと思います。

 

先日は、手楽来家の皆さんと佐渡研修旅行に行ってきました。宿は四人部屋、私の部屋は耳の聞こえる人は私だけ。朝私が起きると、他の3人の方はとっくに起きていました。

先に起きた人がお互いの肩をトントンとたたいたりして起きる方法もあるようです。