聴こえない人、聴こえる人の人の呼び方

人を呼びたいときには名前を呼びます。

例えば、前の人の後ろをついて歩いているとき、ふと前の人に用があると、

「〇〇さん」とか、あるいは単に「ねえ」とか「ちょっと」とか言うかもしれません。

また、突然の危険が迫っていたら、たとえば

「後ろから車!」とかいうかもしれません。

これは、私たちが音で発信し、音を受信することに

大きく依存しているのでしょう。

これが私たち聴こえる人の、人の呼び方です。

 

もし前を歩く人が耳の聞こえない人の場合はどうでしょうか。

私は、耳の聞こえない人と聴こえる人とに

毎日を囲まれて生活している、または仕事している中で、

耳の聞こえる人とは異なる、人の呼び方があると分かりました。

「〇〇さん」と言っても後ろ向きの方に勿論通じませんから、

肩をたたくのです。たたくといっても、トントンと2回たたくのです。

グーではないです、肩こりではないですから。パーですね。

自分がされると分かりますが、1回だと「おい!」という印象です。2回です。

実際やってみないと(呼んでみないと、呼ばれてみないと)分からないものです。

ほかにも、机をたたく、床を揺らす、メールを送る、視界に入る、

目の前で手を振る、照明をつけたり消したりする、仰いで空気を送る、物を投げる、

などが私がこれまでに体験したものです。

もちろん、聴こえる人が「〇〇さん」と呼ぶか「おい」と呼ぶか、関係性によって異なるように、

時と場合によって、相手との関係性によって、

使ってよい方法と悪い方法がありますので、

いきなり物を投げないように。