手話サークルでの講演

新潟市中央区の手話サークル行事として、講師依頼がありました。

「日本手話と日本語対応手話の違いをどのようにサークルで勉強していくか」というテーマ。

 

手話サークルでの学習者の悩みは「どのように勉強したら良いか」となかなか尽きないとのこと。

サークルならではの雰囲気を大切にしながら

体系的に学習できる内容が分からない、という相談を受けました。

 

定期的に指導できる手話講師が不在、というのが一番大きいのですが、

今回はメンバーさんたちと同行で講演してきました。

最近の手話関係の書籍には、「日本語対応手話と日本手話の違い」について解説が記載されています。

 

学習者の理解度にもよりますが、手話が二つ(実際には難聴者が使う手話や、

音声日本語を介さない手話もあったり多種多様ですが)あるというような認識のもとで、

学習者が行き詰まりやすいポイントを挙げてみました。

 

また、手話を生活言語として使用するろう者の背景、そして学習者の受け止め方等も

解説しながら進めてみました。

 

同行したメンバーさんたちはかなり緊張していましたが、無事終えました。

参加してくださった、手話サークルのみなさま、ありがとうございました。

 

「今までもモヤモヤしていたものがすっきりできた」、

「今のサークルにできることをやってみようと思えた」という感想をいただいています。

今後ともよろしくお願いいたします。