『お弁当温めますか?』

日本にはコンビニの数が5万以上もあるらしい。

 

私は手話サークルで知り合った聾の人と一緒に

たまたまそのコンビニに入った。

一通り店内を見てから、彼は惣菜パンを1つ手に取ってレジへ並んだ。

私もお茶を持って彼の後ろに並んだ。

レジを打つ女性店員は30代だろうか。

いよいよ彼の番になった。

その店員さんは、全国のコンビニエンスストア共通のマニュアルに従って、

「いらっしゃいませ」「お待たせしました」

の言葉を並べている。

私は後ろからその様子を見ていた。

彼は耳が聞こえないので、

店員さんの意図は伝わっていないようだった。

 

あとで彼に聞いて分かったことなのだが、

レジでは何かとやかく言われるのが嫌なので、

店員さんのどんなマニュアルにも

とりあえずは首と手を振って断るようにしているらしい。

 

店員さんは彼の耳の聞こえないことを

感じ取ったと見えたが、

驚くことに、ためらいなく/少し//待って//ください/と

それはもう上手な手話で表した。

突然のことにびっくりして、彼と私は目を見合わせた。

 

聞けば、彼女は突発性の難聴に罹ったことがあって、

音が聞こえなくなったのだそうだ。

今それでも回復したらしく、当時自分のためにと

身につけた手話を覚えている、と話した。

 

彼の驚きは、コンビニの店員さんが手話で話せることも

さることながら、

それ以上にコンビニのレジで、

「温めていかれますか」「袋お使いになりますか」「シールでよろしいですか」「ポイントカードはお持ちですか」のようなやりとりがあるのだと

知ったことにもあった。

 

それから幾月か経って、

私はそのコンビニに耳の聞こえない人たちが集まる、ということで

ちょっとした話題になっている、というのを風の噂で聞いた。